『堺雅人』さんの姓名判断 – 発展・福寿・努力・成功

いろいろ姓名判断

姓:名:
社会運・家庭運を表示:

『堺雅人』の運勢

合計点数 60 / 120
100点
換算
50 / 100

五運の運勢解説(45/80点)

天 格
(12画)
前世や先祖のマイナスの影響を受けやすい。そのため、体力に自信なく病弱の傾向。親との結びつき強く、独立に苦労。
天格とは 姓のすべての字の画数を合計したもの。
先祖から受け継がれた、いわば「宿命」のようなもの。運勢判断には使用しない。
人 格(姓の最後の字と名の最初の字の画数を足したもの。
青年期から壮年期、年齢にしておよそ17~60歳くらいまでの運勢と性格を暗示する、重要かつ中心的な要素である。
)
(25画)
発 展(○)
15点
人知れず努力を重ね、成功を勝ち取る。才知に優れ、研究心も旺盛。ただし反発心がつよく、人付き合いは苦手。
地 格(名のすべての字の画数を合計したもの。
表に出ない裏の性格のようなもので、幼少期から中年までの基礎的な運勢を暗示する。
)
(15画)
福 寿(☆)
20点
福寿、円満の暗示あり。人との和を保つのが得意で周囲からも信頼される。人から高い評価を受け成功をつかむ。
外 格(姓の最初の字と名の最後の字の画数を足したもの。
その人の家庭・対人関係等、対外的な運勢に作用し、人格の補助的な作用もする。
)
(14画)
波 乱(●)
0点
逆境に陥りやすく、意のごとくなりづらい。不安定の要素が強く、金運や家庭運の上昇に尽力を。
総 格(姓名全体の字画数を合計したもの。
その人の中年から晩年まで、特に60歳以降の運勢を強く暗示する。
)
(27画)
配 慮(△)
10点
疑い深い傾向が強く、周囲との折り合いがいまいち良くない。周囲にもっと気を配ることで、幸運をつかめる。

☆:最大吉 ◎:大吉 ○:吉 △:小吉 ▲:小凶 ●:凶

三才(五行)の運勢解説(0/20点)

五行
(三才)
(自然界の万物は、「木・火・土・金・水」の5つの元素からなっているという考え方。
この世の中は、それぞれの元素が影響をしあって天地万物が変化し、そして栄枯盛衰の循環を繰り返している。
)
点 数 健康運 性 格
(木土土)
0点
消化器系および目の病気に注意が必要。過度のストレスも健康に悪影響を与えるので、適度の休養をとるように心がけることが大事。 物静かで落ち着きがある。何事も慎重で冒険的なことはしなが、消極的で内向的になりやすい。
留意事項
健康に過ごせる傾向は強いが、日常の健康管理を怠らぬこと。
【注意】五行(三才)の判断には天恪も加味される。

陰陽配列の運勢解説(15/20点)

陰陽配列 (この世の中に存在するものは、相反する陰と陽の2つの要素によって成り立っているとする考え方。
喜びと悲しみ、生と死、光と影、女性と男性、楽しみと悲しみなど、相反する2つの要素によってその存在が可能となる。
)
点 数 健康運
(●○●)
15点
陰陽配列は凶であるが、他の要素が吉運であればあまり気にしないこと。不慮の事故や病気などには普段から十分な注意が必要。
留意事項 陰陽配列は吉凶相反であるが、他の要素がもし吉運であれば問題なし。

姓名を構成する文字の詳細情報

意味 さかい。しきり。ほとり。区切る。隔てる。
画数 新字体:12 旧字体:12
文字区分 人名用漢字
音読み カイ
訓読み *****
名乗り *****
備考 用例:外界、各界、境界など。 ”界”と同字。2004年9月27日より人名用漢字となる。
意味 みやび。みやびやか。上品。優美。あでやか。常に。
画数 新字体:13 旧字体:12
文字区分 常用漢字
音読み
訓読み *****
名乗り ただ ただし つね なり のり ひとし まさ まさし まさり まさる もと
備考 用例:温雅、古雅、清雅、風雅、優雅、雅意、雅歌、雅会、雅人など。
意味 ひと。人間。人類。たみ。庶民。他人。立派な人。人柄。性質。人を数える語。
画数 新字体:2 旧字体:2
文字区分 常用漢字(教育漢字:第1学年)
音読み ジン ニン
訓読み ひと
名乗り きよ さね たみ と ひとし ふと め むと
備考 用例:偉人、役人、家人、貴人、新人、仙人、犯人、人海、人界、人格、人気、人情など。


月間・週間行事

政府機関が実施する月間・週間など月ごとの行事。毎月1日更新中。

月間・週間行事

政府機関が実施する月間・週間など月ごとの行事。毎月1日更新中。


関連記事一覧

サイトについて

お越しいただき、ありがとうございます。
当サイトは、姓名判断を主に扱うサイトです。姓名判断では、非常に個性的な判断を行うことが可能です。

【特徴】
◆新旧字体で判断
◆判断結果を点数で評価
◆結果をグラフで視覚的に確認
◆漢字の詳細な情報を表示
◆家庭運・社会運も判断可能

また、赤ちゃんの命名に役に立ちそうなコンテンツもご用意していますので、合わせてご利用いただければ幸いです。

それでは、当サイトで心ゆくまで試行錯誤をしながら姓名判断をお楽しみください。