メルカリに登録する前にモッピー登録で1200ポイントGET

婚活を始めたいと思っているあなたへ

婚活を始めたいと思っているあなたへ ブログ

婚活を始めたいけれど、「どのように進めればいいのか分からない」とお悩みではありませんか?

焦りすぎると、自信がなくなり精神的にも苦しくなりますのでご注意を。

婚活は、無理せず、自分のペースでストレスを感じないように続けていくことが最も重要です。

婚活を始めるときに重要なこと

婚活を始める上で大事なことは、あなたの価値観をしっかり把握し、相手の価値観を理解すること。

つまり、自分の好きなことや嫌なことを知ることです。

あなた自身の感情に向き合い、育ってきた環境や家族との付き合い方、経験してきた恋愛などを、あなたなりに整理してみましょう。

結婚を最終的なゴールと考えると、婚活はそこに到達するためのプロセスです。

そのプロセスをどのように行動するかによって、あなたの求める結婚相手や異性の好み、そして条件などが変わってきます。

また、婚活で成功するためには、適切な情報を得ることも重要な要素の一つです。

必勝法やノウハウといった安易なものではなく、婚活するのに有益な情報や知識を得ることで、あなたの進むべき道が見えてくることでしょう。

一つの方法として、婚活を支援してくれる専門のサービスを受けることも、賢いやり方かもしれません。

結婚相手を探すのが困難な理由

古き良き昭和の時代では、親戚やご近所の「おじさん・おばさん」が、何かと結婚の世話をやいてくれる時代でした。ところが現代では、そのような人はまず見かけなくなりました。

とはいえ、確かにそれも結婚をする人が少なくなった一つの要因ではあるかもしれませんが、もっと詳しく理由を掘り下げる必要がありそうですね。

経済的な理由

日本は少子高齢化により、経済成長が低迷しています。そのため、若年層の収入が伸び悩み、結婚や子育てに必要な費用を捻出することが困難と言えます。

また、男性は収入が高いことが結婚相手としての条件とされることが多い一方、女性は家事や育児に負担がかかることが多いため、結婚に対するメリットを感じにくくなっているのが現状と言えます。

まとめると、

  • 夫は仕事、妻は家事育児の意識低下
    (夫婦ロールモデルの崩壊)
  • 女性の社会進出による女性の自立
    (男性に頼らない)
  • 男性の賃金の低下
    (結婚して家庭を築く自信の低下)

出会いの少なさ

かつて日本では、職場や学校などで自然に出会うことが一般的でしたが、近年では、インターネットやスマートフォンの普及により、人と人とのつながりが希薄になっているようです。

また、コロナ禍で外出や交流の機会が減ったことも影響していると言えるでしょう。

未婚者の多くは「適当な相手とめぐり会わない」と感じており、結婚相手を探すために積極的に動く人は少ないのではないでしょうか。

社内恋愛の激減

出会いを「社内恋愛」ということに限ってみると、次のようなことが言えると思います。

  • 仕事とプライベートを完全に切り離して考える傾向が定着
    (飲み会に行かなくなった)
  • かつて仲人役を担っていた上司がいなくなる
    (セクハラやパワハラに繋がる恐れ)
  • 社内での交流の場が無くなった
    (社員旅行や社員運動会など)
  • 在宅ワークの普及でコミュニケーションが不足気味
    (コロナ禍により仕事のスタイルが変化した)

結婚観の多様化

日本では、結婚は当人同士の合意に基づくものとされていますが、それぞれの価値観やライフスタイルに合わせて、結婚の形態を選択する人も増えているようです。

例えば、恋愛や性愛を重視しない「プラトニック婚」や、「同棲」や「別居婚」など、伝統的な夫婦関係にとらわれない人。

また、結婚そのものに興味がない「非結婚主義者」や、「自分自身と結婚する」ことを宣言する「セルフ・マリッジ」も存在するとのこと。

以上をまとめると、

  • 結婚の目的が不明確化
    (結婚は必須ではなく一つの選択肢である)
  • 恋愛と結婚は別物
    (結婚を考えた恋愛をしない)
  • 個人主義による自己責任
    (結婚するのも自己責任)

婚活サービスが再脚光

  • 経済的な理由
  • 出会いの少なさ
  • 結婚感の多様化

上記のほか、様々な要因で結婚の件数は減少する一方となりました。

ところが、2000年代になってマッチングアプリが普及することで、「費用を払って婚活サービスを利用する」という男女が急増しました。

これまで婚活サービス(結婚相談所)と言えば、モテない男女が多い好きでもない相手を押し付けられるとにかく料金が高いといったような、ネガティブなイメージを持たれることが多かったのですが、最近では違ってきています。

  • ライフプランニングとしての結婚
  • 婚活における自分の価値を認識
  • 無駄な時間にお金をかける先例の教訓

このように変化しており、婚活サービスに入会して活動する若者が増えているようです。

その結果、婚活サービスの内容も変化していくわけですが、例えば、

  • 積極的で意識の高い男女が増加
  • 制限のある活動がより恋愛感情を高める
  • 一人ひとりに合わせた細やかなサポート体制の実現

このように、以前の「結婚相談所」のような古いイメージは過去のものとなり、より質の高いサービスが提供できることも、現代における婚活サービスを利用するメリットと言えます。

優れた婚活サービスとは

優れた婚活サービスとは、あなたに寄り添い、あなたにとって有益な情報を提供してくれるサービスであることが基本と言えます。

さらに、婚活を運営するシステム、プロモーション、デザイン、データ分析に優れていることも重要でしょう。

それにより、冒頭で述べたように、無理せず・自分らしく・ストレスを感じない婚活サービスが可能となるに違いありません。

まとめ

「婚活を始めたいと思っているあなたへ」というタイトルで、以下の項目を考察してきました。

  • 婚活を始めるときに重要なこと
  • 結婚相手を探すのが困難な理由
  • 婚活サービスが再脚光
  • 優れた婚活サービスとは

いかがだったでしょうか。

若いときは独身の方が自由であり、人生を満喫できることは確かでしょう。人生の一時期、それは否定されるべくもありません。

ところが人間とは実に身勝手なもので、年齢を重ねるにしたがい、子連れの夫婦を羨ましく感じたり、あるいは寂しさを感じることがあります。

結婚を人間的成長という観点から見れば、結婚して親になることは大きなプラスになり得るはずです。

おすすめの婚活サービス>