【な行】の持つイメージと意味を名付けに役立てよう

五十音の意味

本ページでは、【な行】の語がそれぞれ持つイメージや意味を解説します。赤ちゃんの名付けをする際に、お好みの名前の始まりの音がどんな意味やイメージを持つのか。参考にしてください。

※内容は絶対ではありませんので、あくまでも参考としてご覧ください。

人と多くまじわることで幸せをつかむ。
「な」で始まる言葉には、「為す・涙・泣く」などがあり、愛情などの気持ちを表現します。細やかで愛情豊か、人と協力しあうことが得意ですので、人を助ける職業で力を発揮できるでしょう。
信頼感のある頼もしい存在。
「に」で始まる言葉には、「にっこり・柔和・入念」などがあります。思いやりがあって、人から信頼されるでしょう。自分の本当に望むことに集中すれば、大きな成果が望めます。
常に新しい機会を求める人。
「ぬ」で始まる言葉には、「脱ぐ・抜く・縫う」などがあります。内面の充実、信頼を表す音で、いつも何かを始めたい気持ちでいっぱいの人です。目標を定めたら根気良くそれを続けることで、大きな成果が期待できます。
見かけによらずしっかりもの。
「ね」で始まる言葉には、「ねんごろ・音色・念入り」などがあります。見かけによらず中身はしっかりしていて、常に自分の意見を持っています。思った通りに事が進まないと、それに固執する傾向があるので要注意。
自己の考えをしっかり持った人。
「の」で始まる言葉には、「のんびり・のびのび・のどか」などがあります。自由奔放な性格と内にこもり自己の世界を深める性格の二つに分かれます。人との協力関係を大切にすれば、より大きな成果が期待できるでしょう。
にゃ 多少甘えん坊の性格。
甘えん坊の性格を持つ音ですが、他の音と組み合わせることにより、自分に厳しい意識を持てるようになるでしょう。
にゅ 感受性が豊かで柔軟性のある人。
新しいものを受け入れてそれを応用し、変化させるのが得意です。自分の意思をはっきりと持つことにより、その変化はより良い方向へと進めることができるでしょう。
にょ 現実を肯定できる人。
ありのままを柔軟に受け入れ、明確な意思とともに新たな発展が期待できます。信仰心もあり、気高く高潔な人となることもあります。

月間・週間行事

政府機関が実施する月間・週間など月ごとの行事。毎月1日更新中。

月間・週間行事

政府機関が実施する月間・週間など月ごとの行事。毎月1日更新中。

関連記事一覧

サイトについて

お越しいただき、ありがとうございます。
当サイトは、姓名判断を主に扱うサイトです。姓名判断では、非常に個性的な判断を行うことが可能です。

【特徴】
◆新旧字体で判断
◆判断結果を点数で評価
◆結果をグラフで視覚的に確認
◆漢字の詳細な情報を表示
◆家庭運・社会運も判断可能

また、赤ちゃんの命名に役に立ちそうなコンテンツもご用意していますので、合わせてご利用いただければ幸いです。

それでは、当サイトで心ゆくまで試行錯誤をしながら姓名判断をお楽しみください。